事業紹介

事業紹介

QZS Full-text Search Engine Ver.3

QZS Serverの主な特長

自社開発の日本語全文検索エンジン”QZS Full-text Search Engine”はDBMS機能内蔵なので、
RDBの別途導入の必要もなく、全文(テキスト)検索のみならず、数値や日付等の範囲検索も可能です。
C標準及びCOMインタフェースに対応しています。

さらに進化したQZS Ver.4を見る


QZS Full-text Search Engine FAQ

QZSはどんな業務に使えるのですか?

文書管理システムはもちろん、文字中心のコンテンツの全般に向いています。
文字列を高速に中間一致で検索させたいとか、あいまいに検索させたいといった要求を既存のデータベースよりも簡単に実現できます。全文検索エンジンで良く耳にする登録の遅さやリアルタイム登録ができないといったことはありませんから、
単なるテキストのみの検索だけでなく、更新の多い動的なコンテンツも扱うことができます。

QZSのAPIは公開されているのですか?

QZSは開発用のエンジンですので、全てAPIは公開しております。

異なる検索語での絞り込み検索はできますか?

可能です。
検索結果に対してANDで再検索やORで再検索といったことや検索結果どうしの論理演算を使ったマージなど多彩なオペレーションを実行できるのが、QZSの特徴でもあります。

STRING項目に対して、シソーラスやあいまい条件を使った全文検索はできますか?

可能です。
全文型と全く同じように検索できます。

日付の範囲指定はできますか?

日付は、NUMBER型に入れることをお勧めしています。YYYYMMpで数値化するのが、最も効率が高いでしょう。

結果をある項目でソートして読み出せますか?また、結果の読み出し順序は保証されていますか?

NUMBER型やSTRING型項目を任意に指定してソート読み出しができます。
何も指定しない場合は、登録順(RECNUM順)を保証しています。
また、ソート条件を指定した場合は、ソート条件+登録順(RECNUM順)を保証しています。

複数の項目を同時に読み出せますか?

CSVレコードとして任意に指定した複数項目を同時に読み込むことができます。

QZS Full-text Search Engine(QZS Server) 動作環境

対応機種

Intel系、右記OS対応機種

対応OS

Windows 2000 Server
Windows Server 2003
Windows Server 2003 x64
Windows Server 2008
Windows Server 2008 x64
Windows Server 2012
Linux

CPU

Intel CoreもしくはXeon

メモリ

1GB以上推奨

その他

  • サーバ・エンジン、辞書サーバ・エンジン等はWindowsサービス方式
  • C/Sネットワーク接続方式は、TCP/IP(WinSock)及びWindows Named Pipeの両方式を同一サーバで同時サポート
    (一般的にネットワーク間接続ではTCP/IP方式、同一マシン内接続では Windows Named Pipeがより高速)
    (Linux版ではTCP/IPのみをサポート予定)
  • サーバ、スタンドアロンとも共通データフォーマット
  • API(DLL)はマルチスレッド対応
  • 学習ファイル(DB)サイズは、元テキストの約1.3~3.0倍前後に元テキストごと格納

デモンストレーション

QZS Serverを導入しているサイトをご紹介します。(別ウィンドウにて外部サイトへ移動します)

TOP